スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリッとクリック!

高齢熟女が・・・人気?

★東京スポーツ新聞★5/1日付(発売:4/30日・木曜日夕刊)男セン面
舘淳一さんの“いろ艶筆” の挿絵

さしえ-133
スポンサーサイト
クリッとクリック!

5時に夢中!

★東京スポーツ新聞★4/24日付(発売:4/23日・木曜日夕刊)男セン面
舘淳一さんの“いろ艶筆” 「言葉は欲望のスイッチ」 の挿絵
「5時に夢中」 夕刊ベスト8 第1位!

さしえ-132
クリッとクリック!
Theme: 恋愛心理 | Genre: 恋愛

ドローン

★東京スポーツ新聞★4/3日付(発売:4/2日・木曜日夕刊)男セン面
舘淳一さんの“いろ艶筆” 「エッチなドローンの攻防戦」 の挿絵

さしえ-129
クリッとクリック!

捨てたパンティの値段=マッシュ MASH

★東京スポーツ新聞★2/27日付(発売:2/26日・木曜日夕刊)男セン面
舘淳一さんの“いろ艶筆” 「捨てたパンティの値段」 の挿絵

さしえ-124

こちら元ネタ
さしえ-124-マッシュ
クリッとクリック!

永井荷風とシュミーズ

★東京スポーツ新聞★2015年2/6日付(発売:2/5日・木曜日夕刊)男セン面
舘淳一さんの“いろ艶筆” 「永井荷風とシュミーズ」 の挿絵

さしえ-121


クリッとクリック!

シュミーズとスリップ

★東京スポーツ新聞★2015年1/23日付(発売:1/22日・木曜日夕刊)男セン面
舘淳一さんの“いろ艶筆” 「シュミーズとスリップ関係」 の挿絵

さしえ-119
クリッとクリック!

人肌酒をどうぞ

★東京スポーツ新聞★2014年12/26付(発売:12/25日・木曜日夕刊)男セン面
舘淳一さんの“いろ艶筆” 「究極の人肌酒をどうぞ」 の挿絵

さしえ-116


クリッとクリック!
Theme: イラスト | Genre: サブカル

SEX のシェアは難しい

★東京スポーツ新聞★12/12付(発売:12/11日・木曜日夕刊)男セン面
舘淳一さんの“いろ艶筆” 「SEX のシェアは難しい」 の挿絵

ロセッティのパロディ
さしえ-114
クリッとクリック!
Theme: 恋愛心理 | Genre: 恋愛

仮性包茎の悩み解決法

★東京スポーツ新聞★11/21付(発売:11/20日・木曜日夕刊)男セン面
舘淳一さんの“いろ艶筆” 「仮性包茎の悩み解決法」 の挿絵

さしえ-111
クリッとクリック!

SMは汚らわしいのか

★東京スポーツ新聞★11/7日付(発売:11/6日・木曜日夕刊)男セン面
舘淳一さんの“いろ艶筆” 「SMは汚らわしいか」 の挿絵

さしえ-109


クリッとクリック!

性教育はむづかしい

★東京スポーツ新聞★2014年10/17日付(発売:10/16日・木曜日夕刊)男セン面
舘淳一さんの“いろ艶筆” 「性教育はむづかしい」 の挿絵

さしえ-106
クリッとクリック!

ゆかたのエロティシズム

クリッとクリック!
Theme: 恋愛心理 | Genre: 恋愛

”キミが創る2001年のヤングファッション!”

      伊坂芳太良

あちこち整理しようと、駅弁の包装紙とか色んな古いパッケージ類を詰め込んだトランクを開けたら、
これがみつかった。
昭和45年(1970年)にTBSラジオのイラスト募集で金賞とやらを貰い、その時の通知の中に入ってた葉書。
賞品はグアム島往復の航空券。宿泊費その他は自前、って・・・
・・・貧乏絵描きにホテル代など払える訳もなく、その目録だけが今でも何処かに眠っている。
葉書の絵は伊坂芳太良、イラスト黎明期を代表する、伝説の…と言っても過言ではないイラストレーター。
次の画像はその時の応募作品。
下手だ!今でもそんなに上手くなってる訳ではないが、描こうと思っても、こんな風に下手には描けない。
何とも残念である。ホントにそう思う。
作品が掲載されたのは、週刊プレイボーイ1970年12月22日号の綴じ込みグラビア。
表紙はハニー・レーヌ。
イラストカーニバル
イラストカーニバル-b
イラストカーニバル-b-c
クリッとクリック!
Theme: イラスト | Genre: サブカル

秘書

★東京スポーツ新聞★6/6日付(発売:6/5日・木曜日夕刊)男セン面
舘淳一さんの「いろ艶筆」~秘書というイメージ~の挿絵。

さしえ-87
クリッとクリック!
Theme: 恋愛心理 | Genre: 恋愛

草食系男子?

★東京スポーツ新聞★5/30日付(発売:5/29日・木曜日夕刊)男セン面
舘淳一さんの「いろ艶筆」~草食化の原因は肉食?~の挿絵。

さしえ-86
クリッとクリック!

マレーナ = モニカ・ベルッチ

主人公の少年レナートは52年ほど前の私。マレーナは、当時家の前を通勤路にしていた年上の女性。モニカ・ベルッチほどではなかったかも知れないが、彼女のグラマラスボディは、その頃の私にとっては、かなり刺激的で眩しかった。
俺が内気な美少年(?)だった頃、その女はスカイブルーのタイトスカートにホワイトのハイヒールパンプスだった(^ω^)
わっかるかなあ~ わかんねえだろうなあ~

クリッとクリック!

ひとりで楽しむラブホテル

★東京スポーツ新聞★5/9日付(発売:5/8日・木曜日夕刊)男セン面
舘淳一さんの「いろ艶筆」~ひとりで楽しむラブホテル~の挿絵。
さしえ-83

クリッとクリック!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。